日本女性の美しさ

芸能人のかたなどは特別かもしれませんが、振袖は未婚女性だけが着られるお着物ですね。留袖姿や浴衣姿ももちろん日本女性らしくて美しいのですが、やはり振袖の華やかな豪華さ、人目の惹き具合には及ばないように感じます。最近はお着物を着られる機会がなかなかないというかたでも、成人式には振袖を着て参加しましたというかたが多いと思います。でも、その豪華さもあって、なかなか着る機会のない振袖ではありますが、未婚女性の場合、『結婚式にはぜひ振袖で参加して下さい』と、新婦側から依頼される事も多いと思います。確かに、結婚式の会場に振り袖姿の女性がみえると、会場の雰囲気がぱあっと華やかになりますものね。また、きちんとしたお家の女性なのだな、という印象を周りの方々に与える効果もあると思います。今年のミスユニバースには、日本人女性が選ばれました。島国日本にいると、意識することが少ないのですが、お着物は民族衣装です。そして振袖は、どんなパーティーにも参加できる、最高のオシャレ着です。着る機会のある未婚の女性のかたには、日本女性の美をアピールできる振袖を、楽しんでどんどん着ていただきたいです。

私が振袖を着たときの思い出。

振袖といえばやはり成人式。私も自分の成人式にはきちんと着付けをしてもらい、緊張しつつ振袖を着たのを覚えています。正直なところ、わざわざ振袖を着なくても、という気持ちはありました。締め付けられる苦しさもあるし動きも制限されてしまうため、なかなか不自由だからです。それでも着たのは、祖母が私の振袖姿を楽しみにしていたことと、母が着物を着て欲しいと思っていたことです。早くから着付けに行き、しんどい思いをしながらの振袖ではありましたが、祖母と母のうれしそうな顔を見て、やっぱり着てよかったなあ、と心から思いました。私の場合は姉と体格が似ていたため、姉の成人式のときに二人で選んで購入し、それを着ました。買ったため、姉と一度ずつの計2回だけではもったいないと思い姉の結婚式のときにも着ることにしました。振袖は結婚してからは着られないため、結局はその3回だけで終わってしまったのですが、それでも振袖を着た2回は非常に心に残っています。